TREASURE CAMP ~トレジャーキャンプ~

キャンプや外遊びが大好きな二児の父の日記。

大人気のふもとっぱらキャンプ場に初訪問

2017年6月23日

仕事の振替休日で金曜日に休みが取れたので、いつか行ってみたいと思っていた、静岡県富士宮市にある『ふもとっぱらキャンプ場』に行って来ました。

f:id:puusuketreasure:20170625085004j:plain

 

とてつもなく広い草原のフリーサイトと、なんと言っても目の前に富士山が見える絶好のロケーションが人気のふもとっぱらキャンプ場。

 

その素晴らしい立地から、ハイシーズンのみならず、普通の土日でも混み合うようなので、行く時は何としてでも平日に行きたいと思っていました。

 

 今回、タイミング良く休みが取れたので、事前の準備もそこそこに、ふもとっぱらキャンプ場を初訪問する事にしました。

 

 

 

ふもとっぱらキャンプ場の設備

それではふもとっぱらキャンプ場の設備を見て行きたいと思います。

入口の看板。

f:id:puusuketreasure:20170625100612j:plain

キャンプ場らしい看板ですね。

 

この看板から150mほど進むと管理棟があります。

f:id:puusuketreasure:20170625100717j:plain

管理棟に向かう道の脇ではシイタケの栽培か何かやっているのか、原木がずらっと並べられていました。

 

こちらが管理棟の建物。

f:id:puusuketreasure:20170625101014j:plain

 

管理棟で代表者の連絡先、利用人数などを紙に記入してお金を払うと、スタッフの方が場内マップを見せながら、利用案内をしてくれます。

 

管理棟の売店には、炭やガスなどの燃料、調味料やカップ麺など、必要な物が一通り揃っていました。 

f:id:puusuketreasure:20170625113148j:plain

 

管理棟の前には場内マップと、ふもとっぱらの説明文が書いてあります。

f:id:puusuketreasure:20170625102451j:plain

 

f:id:puusuketreasure:20170625102507j:plain

 

管理棟の隣には、大型の宿泊施設「毛無山荘」があります。

f:id:puusuketreasure:20170625114117j:plain

薄毛の人が利用するのを躊躇してしまいそうなネーミングですね。

これ以外にも二カ所、別荘風の建物と、コテージがあるようです。

 

こちらは管理棟からサイトに移動する途中にある、逆さ富士の撮影スポットとなる小さな池。

f:id:puusuketreasure:20170625103132j:plain

 

池の脇には屋根付きの野外キッチンがありました。

f:id:puusuketreasure:20170625103206j:plain

 

上の写真の左奥に見えるのが別荘です。

 

さらに少し進むとトイレのある建物があります。

f:id:puusuketreasure:20170625103432j:plain

 

トイレはキャンプ場らしいトイレでしたが、個室の方はウォシュレット付きのキレイなトイレになっていました。

f:id:puusuketreasure:20170625103605j:plain

 

f:id:puusuketreasure:20170625103539j:plain

 

掃除も行き届いていて、場内のトイレでここが一番キレイでした。

 

この建物の裏手にも屋根付きの自炊棟がありました。

 

ふもとっぱらキャンプ場のフリーサイト

続いてサイトを見て行きたいと思います。

f:id:puusuketreasure:20170625104045j:plain

 

ふもとっぱらキャンプ場のフリーサイトは『広大』の一言に尽きます。

 

 

この見渡す限りの大草原の中に、車を乗り入れて好き場所にテントを張ることが出来ます。

f:id:puusuketreasure:20170625104339j:plain

 

 

場内の所々に水場が設置されています。

f:id:puusuketreasure:20170625104553j:plain

 50~100mぐらいの間隔で水場が設置されていたので、十分な数だと思います。

 

フリーサイトの中央付近には、簡易トイレとトレーラー型の移動式トイレがありました。

f:id:puusuketreasure:20170625105102j:plain

 

f:id:puusuketreasure:20170625105159j:plain

 

簡易トイレは最後まで使わなかったので中は見ていませんが、トレーラー型のトイレはなかなかキレイでした。

 

まだまだ先の方までサイトは続いていますが、戻るのが大変そうだったので、この辺で引き返します。

 

トレーラー型トイレの所から、入り口方面を見た所。

f:id:puusuketreasure:20170625105400j:plain

 

もちろん両サイドには広大な草原のサイトが広がっています。

f:id:puusuketreasure:20170625105450j:plain

 

この日は平日だったこともあり、サイトにも余裕があったので、皆さん草原を広々と使ってテントを張っていました。

 

 

我が家は上の子がトイレトレーニングの真っ最中なので、最初のキレイなトイレがある建物の近くにテントを張りました。

f:id:puusuketreasure:20170625110103j:plain

 

今回は広くスペースを使って、テントとタープを張ってみました。

f:id:puusuketreasure:20170625114605j:plain

樹木の少ないふもとっぱらキャンプ場では、タープなどの日除けは必須です。

 

料金

入場料(5名まで) 3,500円

(テント1張り+車1台 含む)

タープ利用の場合は別途1,000円必要

 

チェックイン 8:30~

チェックアウト 14:00

 

チェックアウトが14時なのは余裕があって嬉しいですね。

 

またビン、缶は無料で捨てることができ、可燃ごみも売店で販売しているゴミ袋(100円)を購入すると、捨てさせてもらえるようです。