TREASURE CAMP ~トレジャーキャンプ~

キャンプや外遊びが大好きな二児の父の日記。

初めての連泊キャンプ キャンピカ明野ふれあいの里と尾白の森 名水公園べるが

2018年6月22日~6月24日

 

 山梨県北杜市にあるキャンピカ明野ふれあいの里にキャンプに行ってきました。

今回は金曜日から仕事が休みだった為、初めての連泊キャンプに挑戦です。

 

高規格キャンプ場として有名なPica グループのキャンプ場ですが、金曜日からの連泊の場合、テント泊なら金曜日の利用料がタダになる、ハッピーフライデー割引と言うプランがあるのです。(コテージは金曜日の利用料が半額)

 金曜日に休みが取れたら、一度使ってみたいと思っていました。

 

キャンピカ明野ふれあいの里には三度目の訪問ですが、テントサイトの利用は今回が始めてです。

 

せっかくの平日休みなので、キャンプ場に行く前にちょっと寄り道。

最初に向かったのは同じ北杜市にある『尾白の森 名水公園べるが』です。

f:id:puusuketreasure:20180626000132j:plain

 

 

最初はこのべるがにあるキャンプ場を予約しようかと思ったのですが、土曜日の予約が一杯だったので、今回はキャンピカ明野を選びましたが、次回の下見も兼ねて行ってみる事にしたのです。

 

こちらが場内マップ。

f:id:puusuketreasure:20180626000137j:plain

 

遊べそうな施設がたくさんありそうです。

f:id:puusuketreasure:20180626000143j:plain

 

 早速、新緑の眩しい場内を歩いて行きます。

f:id:puusuketreasure:20180626000148j:plain

 

ちょうどお昼時だったので、まずは森の中のベンチを借りて、途中の道の駅で買ってきた惣菜やパンなどを食べました。

 

買い出しは、この『尾白の森 名水公園べるが』から車で10分ほどの所にある、道の駅白州が便利です。

f:id:puusuketreasure:20180626000127j:plain

 

農産物直売所の他に、スーパーも隣接しているので、キャンプ用の食材も全てここで揃える事が出来ます。

また入口の所に、天然水の水汲み場もあり、無料で水を持ち帰る事も出来ます。

 

キャンプ場に行ったら、この水でコーヒーを淹れてみよう。

 

食後は森の中で思いっきり遊びます。

f:id:puusuketreasure:20180626000215j:plain

 

 

こちらは森の回廊と言って、鳥やリスと同じ目線で森の景色を楽しめる施設のようです。

f:id:puusuketreasure:20180626000223j:plain

 

 

f:id:puusuketreasure:20180626000229j:plain

 

結構高さがあって、足元も網目になっていて下が丸見えなので、なかなかスリルがあります。

 

森の中にはハンモックも設置されてありました。

f:id:puusuketreasure:20180626000234j:plain

ハンモック大好き兄弟。

 

さらに森の中をドンドン進んで行くと、

f:id:puusuketreasure:20180626000242j:plain

 

こんな看板がありました。

f:id:puusuketreasure:20180626000340j:plain

 

え?!熊出るの??

キャンプに来るのはちょっと考え直す必要があるかも知れません。

 

尾白川えん堤で川遊び

この尾白の森 名水公園べるがに来た最大の目的は、この尾白川えん堤で水遊びをする為でした。

f:id:puusuketreasure:20180626000307j:plain

 

f:id:puusuketreasure:20180626000251j:plain

 

この川、水の透明度がとにかく凄いです。

f:id:puusuketreasure:20180626000247j:plain

これも南アルプスの天然水ですもんね。

 

早速子供たちを水着に着替えさせて、川遊びを楽しみました。

f:id:puusuketreasure:20180626000259j:plain

水深も浅いので、小さな子供も安心です。

 

こんな石で出来たウォータースライダーもあります。

f:id:puusuketreasure:20180626000320j:plain

 

長男は果敢に挑戦していましたが、すべり台の終点部分が深くなっていて、ちょっと水を飲んでしまったようで、一回滑っただけで戦意喪失していました。

 

川の中には小さなオタマジャクシががたくさん居て、素手で捕まえて見せてあげると、子供たちは大喜び。

f:id:puusuketreasure:20180626000325j:plain

 

すると長男も真似をして、必死にオタマジャクシを追いかけていたら、見事一匹捕まえていました。

4歳児なのに大したもんです。

 

たっぷり川遊びを楽しんだ所で、次のエリアに移動。

f:id:puusuketreasure:20180626000330j:plain

 

総合案内所の脇を抜けて、今度は親水池に行ってみました。

総合案内所の前には、ニジマスのつかみ取りが出来る池がありました。

f:id:puusuketreasure:20180626000353j:plain

 土日限定のようで、この日はやっていませんでした。

 

こちらが親水池。

f:id:puusuketreasure:20180626000359j:plain

 

こっちの方が安心して子供たちを遊ばせられますね。

f:id:puusuketreasure:20180626000405j:plain

 

 

f:id:puusuketreasure:20180626000409j:plain

 

公園も隣接されていて、池で遊んだ後はターザンロープでも遊んでみました。

f:id:puusuketreasure:20180626000414j:plain

 

f:id:puusuketreasure:20180626000424j:plain

 

まだ1歳の下の子も、自分でしっかりとロープに掴まって遊んでいます。

f:id:puusuketreasure:20180626000419j:plain

 

この日は気温も高かったのですが、子供たちは休む間もなく遊び続けて、見守っている大人の方が先に疲れてしまいました。

 

まだ遊びたそうな子供を抱えて次の施設に向かいます。

f:id:puusuketreasure:20180626000444j:plain

 

良い時間になってきたので、キャンプ場に向かう前に、温泉で汗を流して行きたいと思います。

 

尾白の湯

こちらが場内にある温泉施設、尾白の湯です。

f:id:puusuketreasure:20180626000453j:plain

この温泉、昔長野のスキー場に遊びに行った帰りに、一度だけ立ち寄った事があるのですが、露天風呂から八ヶ岳が眺めることが出来て、とても見晴らしの良い温泉なんです。

またこの温泉は、日本最高級の超高濃度温泉らしく、温泉法による有効成分基準値の溶存成分総計の約30倍という、極めて濃度の高いミネラルを含有する温泉なのだそうです。

その証拠に、この温泉水で顔を洗って、口に水が入ると、とてもしょっぱいです。

しばらくお湯に浸かっていると、肌がすぐにスベスベになります。

 

ちょうどこの日は、設備故障で内湯の一部が使えないという事で、通常の半額の料金で利用することが出来ました。

f:id:puusuketreasure:20180626000458j:plain

 

目当ての露天風呂には入れるようだし、キャンプ場に向かう前に、軽く汗を流したかっただけなので、この割引は嬉しかったです。

 

湯上りに、こちらも山梨県の名物、『信玄餅ソフト』をみんなで食べました。

f:id:puusuketreasure:20180626000504j:plain

 

f:id:puusuketreasure:20180626000509j:plain

 

f:id:puusuketreasure:20180626000513j:plain

 

たっぷり遊んで、温泉でしっかり汗を流したところで、いよいよキャンプ場に向かいます。