TREASURE CAMP ~トレジャーキャンプ~

キャンプや外遊びが大好きな二児の父の日記。

コロモックの家で真冬のキャンプ | 北軽井沢スウィートグラス

2019年3月中旬

去年初めて行って、子供達が大喜びだった『北軽井沢スウィートグラス』を再訪しました。

 

去年来た時の様子はコチラ。

www.arktreasure.com

 

去年訪れた時に、子供達が夢中になっていたのが、「コロモックさがし」という遊び。

f:id:puusuketreasure:20181013113445j:plain

 

ヒントを元に場内の色々な所に隠れているコロモック達を探す遊びなのですが、見つける度に子供達は大興奮。

f:id:puusuketreasure:20181013112324j:plain

 

頑張って探したけれど、2人見つけられなくて「また今度来た時に探してみようね」と子供と約束していたのですが、なんとこのスウィートグラスには、『コロモックの家』と言う名の宿泊施設があるのです。

f:id:puusuketreasure:20190318115704j:plain

 煙突が付いた三角屋根のオシャレなこの建物がコロモックの家。

こんなの絶対子供達が喜ぶだろうと思い、次に来るときはこのコロモックの家に泊まろうと決めていたのです。

 

そして煙突が付いていると言う事は、父ちゃんも大喜びのアイテムも室内に備え付けてあるのです。

 

今回はそんな子供も大人も大喜びだった、コロモックの家に泊まったお話です。

 

 北軽井沢スウィートグラスのチェックイン時間は14時(テントサイトは13時)なので、朝ものんびりと出発して13時過ぎにキャンプ場に到着しました。

f:id:puusuketreasure:20190318120527j:plain

 

去年の9月に来た時とは違って、すっかり冬らしい景色になりましたね。

 

チェックイン時間前でも車を停めて場内で遊ぶ事が出来るので、まずは管理棟で受付を済ませます。

f:id:puusuketreasure:20190318120349j:plain

 

今回はコロモックの家利用で、1泊11,000円でした。

 

冬のスウィートグラスでは防寒対策をしっかりと!

チェックインの時間までは、子供達が大好きなツリーハウスの遊び場にやってきました。

f:id:puusuketreasure:20190318121016j:plain

 

夏には子供達の楽しそうな声が絶えないこちらの遊び場も、真冬だとガランとしていました。

 

お昼がまだだったので、まずはツリーハウスの中で、家から持って来たおにぎりを食べました。

 

その後はツリーハウスから繋がる空中回廊を散策したり、遊具で遊んだりしました。

f:id:puusuketreasure:20190318133921j:plain

 

 

f:id:puusuketreasure:20190318133930j:plain

 

子供達は元気いっぱいですが、外はとても寒かったです。

特にこの時期は浅間山からの吹きおろしの風が身にしみます。

f:id:puusuketreasure:20190318135928j:plain

 

 

そうこうしてると、あっという間にチェックインの時間がやってきたので、いよいよコロモックの家に向かいます。
f:id:puusuketreasure:20190318132220j:plain

 この色とりどりのコロモックの家は全部で4つあり、今回はこの『イキミキのへや』に泊まる事になりました。

f:id:puusuketreasure:20190318134425j:plain

 

 

f:id:puusuketreasure:20190318134357j:plain

 

イキミキと言えば、前回来た時にキャンプ場の入口の看板の所に居て、帰り際に子供達が見つけたコロモックです。

f:id:puusuketreasure:20181013113520j:plain

 

 

入口周辺には雪が残っていて、地面は結構ぬかるんでいました。

f:id:puusuketreasure:20190318135007j:plain

 

冬のスウィートグラスは雪が溶けると地面がむかるみ、夜はそのまま凍って翌朝また溶けてと言う状態を繰り返すようで、場内の所々で同じような状況が目に付きました。

 

その対策として、大きなすのこを無料で借りる事が出来るので、入口の所に設置してみました。

 

ただ、ここで事件が・・・

 

私がすのこを設置しようとして目を離した隙に、2才の娘が泥に足を取られて転倒!

さっそく靴とズボンが泥だらけになってしまいました。

 

コロモックの家を訪問!

気を取り直して、コロモックの家にお邪魔します。

こちらが内観です。

f:id:puusuketreasure:20190318140114j:plain

室内にはダイニングテーブルに長椅子が2つ。

それと別に小さな作業用テーブルとイスが1つ。

 

ベッドルームはマットが3つ敷ける広めのスペースに、上部にはマットが2つ敷けるロフトも付いています。

 

天井にはおしゃれな飾りに、なぜか工事現場にあるような照明が設置されていました。

f:id:puusuketreasure:20190318140512j:plain

 

憧れの薪ストーブを初体験!

そして何と言ってもこれ!

f:id:puusuketreasure:20190318140625j:plain

このコロモックの家には、暖房器具として薪ストーブが付いています。

 

このスウィートグラスには薪ストーブ付きのコテージやキャビンが数多くあり、いつか小型の薪ストーブを買って真冬にテント泊をしてみたいと思っている私は、是非一度この薪ストーブを体験してみたかったんですよね。

 

なんとこのスウィートグラスの宿泊プランには、薪ストーブで使う薪の代金も含まれています。

 

場内の数ヵ所にこのような薪置き場があり、宿泊者はここから使う分の薪を荷車を使って自分で運ぶようになっています。

f:id:puusuketreasure:20190318132233j:plain

 

コテージやキャビンに設置されている薪ストーブの種類ごとに、使う薪の長さや種類が書いているので、そこから取るようにします。

f:id:puusuketreasure:20190318141310j:plain

 

今回宿泊するコロモックの家では、30cmの薪40本が目安のようです。

 

お兄ちゃんにも手伝ってもらって、せっせと薪を運びます。

f:id:puusuketreasure:20190318141829j:plain

 

一回のキャンプでこんなに大量の薪を使うのは初めてです。

焚火とは違うけど、ずっと火の番をして薪ストーブに薪をくべ続けるのも楽しそうです。 

f:id:puusuketreasure:20190318142553j:plain

準備も完了した所で、さっそく点火!と行きたいところですが、このスウィートグラスでは初めて薪ストーブを使う人の為に、薪ストーブ講習会も用意されています。

 

長くなりそうなので、薪ストーブ講習会と薪ストーブ料理などの様子はまた次回!

 

続きはコチラから

www.arktreasure.com