TREASURE CAMP ~トレジャーキャンプ~

キャンプや外遊びが大好きな二児の父の日記。

メスティンとポケットストーブを使ってキャンプでご飯を炊く!

キャンプに行く時に、いつも頭を悩ませるのが子供達のご飯。

 

大人達は適当にお肉でも焼いて、お酒を飲んでいればそれだけで満足なのですが、子供達はそうはいきません。

 

大人と違ってお酒と言う楽しみがない子供達には、せめて温かいご飯を用意してあげたい所ですが、キャンプでご飯を炊くのってなかなか大変です。

 

我が家ではいつも、電子レンジや湯せんで温めて食べられる、レトルトのご飯をキャンプに持って行っていました。

 

レトルトのご飯もなかなか美味しいのですが、出来ればキャンプ場で自分でご飯が炊けたらもっと楽しいだろうなと思っていました。

 

そんな時に思い出したのが、昔登山の時に使っていたトランギア社のメスティンです。 

f:id:puusuketreasure:20190326175642j:plain

 

このメスティンはスウェーデン生まれのアルミ製のクッカーなのですが、ご飯がとっても上手に炊けます。

 

以前、登山で作ってみた絶品ホタテごはんはコチラ

ark-treasure.com

 

登山の時はシングルバーナーを使ってご飯を炊いていたのですが、標高の高い所や気温が低い所での使用を前提として作られたシングルバーナーは、高火力タイプの為、火加減の調節が難しかったのです。

 

そこで調べてみると、ドイツ生まれのエスビットポケットストーブとメスティンの相性が抜群で、固形燃料を使えばほぼ放置で美味しいご飯が炊けるらしい。

 

エスビットポケットストーブを購入

 さっそく近所のショップに行って、エスビットポケットストーブと固形燃料を買って来ました。 

f:id:puusuketreasure:20190326181258j:plain

 

この手のひらサイズの小さな電解亜鉛メッキ鋼製の箱がポケットストーブです。

f:id:puusuketreasure:20190326181345j:plain

 

本体を開いてみると、セットで固形燃料が1箱入っていました。

f:id:puusuketreasure:20190326181511j:plain

 

わざわざ別に買ってくる必要は無かった訳ですね・・・

 

メスティンを乗せるとこんな感じ。

f:id:puusuketreasure:20190326181727j:plain

 

f:id:puusuketreasure:20190326181909j:plain

 

この小さなストーブと固形燃料だけで本当に簡単にご飯が炊けるのか、一度家で試してみる事にしました。

f:id:puusuketreasure:20190326181656j:plain

 

家でご飯を炊いてみる

メスティンでふっくら美味しいご飯を炊くコツは、事前にしっかりとお米を水に浸して、30分以上しっかりと水を吸わせる事です。

f:id:puusuketreasure:20190326182041j:plain

 

準備が出来たらポケットストーブに固形燃料を準備します。

セットの固形燃料は1個で約5分間燃焼するとの事。

 

メスティンでご飯を炊く場合の加熱時間は約15分なので、まずは固形燃料を2個使って炊いていきます。

f:id:puusuketreasure:20190326182343j:plain

 

メスティンにしっかりと蓋をしたら、いよいよ着火です。

f:id:puusuketreasure:20190326182410j:plain

 

結構勢いよく炎が出ています。

f:id:puusuketreasure:20190326182504j:plain

 

旅館なんかでも固形燃料を使って、お釜でご飯を炊いたりするので、固形燃料の火力もなかなか侮れませんね。

 

10分ぐらいで固形燃料が燃え尽きそうだったので、さらに固形燃料を1個追加。

 

火が消えたらタオルに包んでから、ひっくり返して10分程蒸らすと完成です。

f:id:puusuketreasure:20190326182736j:plain

 

果たして出来栄えは?

10分後、蓋を取ってみると美味しそうなご飯が炊けていました。

f:id:puusuketreasure:20190326182857j:plain

 

食べてみるとふっくらと炊けていてとても美味しかったです。

 

この標準サイズのメスティンは1.5合のご飯が炊けるので、お茶碗で言うと大盛りで3杯分ほどのご飯が炊ける事になります。

 

子供達がまだ小さな我が家にとっては、まさにピッタリの量です。

 

外で炊く場合は風の影響などもあるでしょうが、火加減もほぼ固形燃料任せで手間いらずだったので、キャンプでも大活躍してくれそうです。

 

ポケットストーブと固形燃料はメスティンにスッポリと収まるので、持ち運びも簡単です。

f:id:puusuketreasure:20190326183948j:plain

 

隙間に1.5合のお米を入れて行けば完璧ですね。

 

次のキャンプでもご飯を炊いてみたいと思います。