TREASURE CAMP ~トレジャーキャンプ~

キャンプや外遊びが大好きな二児の父の日記。

【焚火グッズ】 三種の神器?を購入 ヒロシちゃんねるにハマる

今回はキャンプで焚火の時に使う道具の紹介です。

f:id:puusuketreasure:20191014112056j:plain

 

キャンプブログを書いているぐらいなので、当然キャンプ大好きな私ですが、そんな私が最近ハマッているのが、芸人兼ソロキャンプyoutuberのヒロシさんが配信している『ヒロシちゃんねる』です。

 

セリフ少な目でヒロシさんが淡々と火熾しや焚火料理を作る様子が流れているのですが、これが延々と見ていられて、キャンプに行けない時でも、ちょっとキャンプに行ったような気分にさせてもらえます。

 

そして動画の中では、ヒロシさんが使っているキャンプ道具が紹介されていていたり、キャンパー必見の上級テクニックの数々もさりげなく紹介されているのですが、その道具や仕草がどれもカッコよくてついつい見入ってしまします。

 

最近ではキャンプ道具を選ぶ際に、ヒロシさんが使っているキャンプ道具を参考にさせてもらって、マネする事も増えてきました。

 

 そしてこちらがヒロシさんの道具を真似して購入してみたキャンプ道具です。

f:id:puusuketreasure:20191014112056j:plain

 

 上から順に紹介していきます。 

火吹き棒

f:id:puusuketreasure:20191014103656j:plain

こちらの火吹き棒は、薪ストーブ専門店、ファイヤーサイドさんから出ている、ファイヤーブラスターと言う製品です。

 

焚火を団扇でパタパタやると灰などが舞うのですが、この火吹き棒を使うと空気を送りたい所をピンポイントで狙い撃ち出来て、ほとんど灰が舞う事もないので非常にスマートです。

息を吹き込む度に、炎がゴーっと音を立てて勢いを増していく様は、焚火の楽しさをさらに倍増させてくれます。

 

ファイヤースターター

f:id:puusuketreasure:20191014103721j:plain

 

これさえあれば、ライターやマッチが無くても麻の火口などの燃えやすいものを用意しておけば、火熾しが出来てしまいます。
 

炭ばさみ 

f:id:puusuketreasure:20191014103750j:plain

 

テオゴニア Fireplace Tongs/ファイヤープレーストングという製品で、こちらは炭ばさみになります。

普通のトングタイプの炭ばさみの方が、使い勝手が良い気もするのですが、この見た目に一目惚れしてすぐに買ってしまいました。

 

火打ち金と火打石

そしてこちらが最近また追加で購入した、火打ち金と火打石です。

f:id:puusuketreasure:20191014103903j:plain

 

火打ち金と火打石を勢いよくカチカチと擦って火花を飛ばす、日本古来の道具です。

ファイヤースターターよりもさらに火熾しの難易度が高くなるのですが、それだけに上手く着火出来た時の喜びも格別です。

 このゼロから焚火を育てて行くと言う、一見無駄にも思える作業がやりたくてキャンプ場に通っていると言っても過言ではありません。

 

フュアーハンドランタン276

下の写真に写っているオイルランタンも、ヒロシちゃんねるで紹介されていました。

f:id:puusuketreasure:20191009225414j:plain

 

以前はもっと大型のオイルランタンを持っていたのですが、収納や車への積載の関係で小型の物に買い替えました。

とっても小型でガスランタンやLEDランタンに比べて、照明としての性能は劣るのですが、焚火を楽しむ時にはこれぐらいの灯かりが雰囲気を壊さなくて丁度良いです。

 

まとめ

世の中にはもっと便利で高性能な製品も沢山あるのですが、見た目が気に入ったものやあえて使うのが面倒な道具を使った方が、キャンプをより楽しめる気がします。

むしろ自分の気に入った道具に囲まれている方が、男の趣味としても満足感が高いです。

このあたりは妻や子供達には理解してもらえないのが辛いのと、ファミリーキャンパーなのにソロで使うコンパクトな道具ばかりが気になってしまうのも困りものですが。